トゥガナン村のグリンシンとティルタガンガ

wewryoo | 2017/3/17 14:53
ゴア・ワラ寺院の次はトゥガナン村に向かいます。伝統的な村の生活が見たかったのとここはグリンシンと言う織物が有名だからです。現代の人間が生活しているのですから昔ながらと言っても多少の俗っぽさは仕方ありません。そう考えると中国の貴州省にはそのままの村がまだまだ残っているなと感じました。正直お土産物店や露店が多いのはどうかと思いますが、家の造りが通常のバリの家屋と違い閉鎖的なので目立たないと言えば目立たないのですが。通常のバリの家屋と違うと言うのはここに住んでいるのがバリ・アガと呼ばれるバリに元々住んでいた人々だからです。この人たちはアミニズムを信仰して独特の文化を持ち、マジャパヒト王国がバリに侵攻してきた際には元々住んでいた場所を離れてバリのいくつかの場所に居を移し、今も独特の文化や風習を守りながら生活しています。そのもっとも有名なのがトゥガナン村と言う事です。グリンシンのモチーフになっている城壁や山やサソリなどもこの辺りの歴史から由来しているのかもしれません。トゥガナン村はアタ製品の問屋も多いと聞いていて楽しみだったのですが、ガイドさんから先を急がれ見ることは出来ませんでした。最初は自分の知っている店に後日案内するからと思っていましたが、この時に立ち寄っていたら多分ティルタガンガにも行けなかったかもしれません。東部の寺院にももういくつか行きたかったのですが、地図上で計画を立てるのと実際に三次元の空間を移動するのでは違いがある訳で、次に行くことがあればチャンディダサ辺りをベースに数日滞在したいと思いました。その中で選んだティルタガンガは思っていたよりもさらに素晴らしい所でした。寺院をいくつか見ていると似ているので印象が散漫になりがちですが、ここの景色は唯一ここだけのものです。不思議な石彫の美しい水に囲まれた水の離宮は思い出に残る場所でした。

三体牛鞭:http://www.kanpoudonya.com/Product/3...
狼一号:http://www.kanpoudonya.com/Product/6...
紅蜘蛛:http://kanpoudonya.com/Product/43.ht...

コメント

まだ、コメントはありません。