龍山寺と台北101と夜市巡り

jurenbeize | 2017/3/17 15:02
台北3日目は朝ごはん代わりに龍山寺近くの福州胡椒餅をいただき、昭和の香りのする新宮市場を抜けて剥皮寮(ボービーリャウ)へ行きました。ところがちゃんと準備していなかったので月曜日の休みに気が付きませんでした。哈爾濱で月曜日に博物館に行ってしまった以来の失敗です。まあ仕方がないので薬草市場を抜けて龍山寺に行きました。以前の台湾旅行で行った三峡の清水厳祖師廟で受けたインパクトを思い出しました。祠堂も見事ですがそこへ参拝している方々を見ているとこのお寺が庶民の生活に密着していることが分かります。参拝の後は華西街観光夜市のアーケードを抜けましたが、日中の華西街は拍子抜けするほど穏やかな雰囲気でした。妻が仕事で滞在していた数十年前は物騒な所だったらしくとても驚いていました。そのまま通りを北側に抜けて西門駅まで歩き、紅楼に着きましたがここも月曜日でお休みでした。西門周辺の街は若者向きでおじさんおばさんにはピンと来ないのでそのまま地下鉄に乗って行天宮駅に移動。台北ナビで調べていたフカヒレとアワビの店に行って昼食にしました。今回一番の贅沢のつもりでしたが、格安のビジネスランチにしたらフカヒレはちょっと寂しいものがありました。ここまで来たのでついでに行天宮にも立ち寄りましたが、ここでカメラの調子が悪くなって移した写真のデータが消えていました。もしかしたら何かの呪い?この日も一度ホテルに戻って一休み、さすがに連日歩きすぎて疲れてきました。夕方になってホテルから台北101まで出てお買い物と地下でお土産購入。またタクシーで饒河街夜市へ移動して懐かしい雰囲気の屋台街を満喫して、更に龍山寺までタクシーを飛ばしました。何となく最後の夜ということで無茶した感じです。夜の龍山寺も昼間と同じように地元の人で賑わっていました。お参りしてから夜の華西街へ。毒蛇の店やすっぽんの店を抜けて「台南担仔麺」で最後の夕食を楽しみました。上海や日本でも入ったことがある程度の情報で店に入りましたが、表の生簀と内装のあまりのギャップに驚かされ、帰国してから有名な店だったと知りました。最後にスイカジュースとパパイヤミルクをまったりと飲んでタクシーを飛ばしてホテルに戻りバタンキュ〜。

三体牛鞭:http://www.kanpoudonya.com/Product/3...
狼一号:http://www.kanpoudonya.com/Product/6...
紅蜘蛛:http://kanpoudonya.com/Product/43.ht...
tag
 

コメント

まだ、コメントはありません。