ブログ

合計: 174
タグ: 威哥王 を抽出中。 (解除)

パンリプラン

kawaikano | 2017/3/17 14:43
翌日もチャーター車で観光に出掛けます。最初はパンリプラン村です。昨日のトゥガナン村とこのパンリプランにはどうしてみ来たかったのです。両方とも伝統的な村ですがその姿は全く違い、パンリプランの風景の美しさは言葉に表せないほどです。どうしたらこんな集落がタイムスリップしたように残っているのか分かりません。観光用に造られたと思える物は全く見当たりません。余りの完璧な美しさに感動すら覚えます。朝早いこともあって他に観光客の姿は数人だけだったのも良かったと思います。この村を訪ねるシステムはまず入村料10,000ルピアと駐車料金がかかります。そして料金所で貰った番号の家に行って内部を見せてもらいます。家には簡単なお土産スペースがあるので買い物をするか10,000くらい寄付をします。みたい家があれば勝手に交渉して見ることは出来ますがやはりお土産か10,000ルピアの寄付は必要です。最初に指示された家はこの村では裕福ではない家だったので思いっきりお金持ちの家も比較のために見せてもらいました。よく見るとこの村に滞在することも出来るようで貸部屋の看板もささやかに出ていました。機会があったら泊まってみたいと思いました。

三體牛鞭:http://www.kanpoudonya.com/Product/3...
威哥王:http://www.kanpoudonya.com/Product/5...
巨人倍増:http://xn--gmq15an1qquf.kanpoudonya....

下北半島 青森県 マグロと霊山 聖俗巡る

aitaiaisieu | 2017/3/10 18:46
 「本州最北端の地」。どこか哀愁漂う響きに誘われて一路、青森県大間町の大間崎を目指した。ただ、到着前から脳内は食欲で満たされている。大間といえばマグロである。大間産マグロは、東京・築地市場の初競りでは1匹1億円を超す値を付けたこともある最高級ブランドだ。

 大間崎に着くと、マグロを看板に掲げる食堂やすし店が軒を並べる。おなかが鳴るのを感じながら、まずは最北の地を巡った。マグロを釣り上げる漁師をイメージしたモニュメントの前は撮影の人気スポット。あいにくの天気で17.5キロ先の北海道函館市の街を望むことはできなかったが、津軽海峡の荒々しいイメージと漁師の力強い腕をかたどったモニュメントが北の漁師町の雄々しさを醸し出していた。

 モニュメントに程近い「かもめ食堂」ののれんをくぐると、町の雰囲気とは裏腹に、元バスガイドという女店主南かおりさん(32)が優しく迎えてくれた。訪れた時期はマグロ漁が、まだ本格化しておらず、提供しているのは昨季の冷凍物とのことだったが、「昨秋の最も脂ののった時期のマグロで、今は冷凍技術が進んでいるのでおいしさは旬そのままです」と南さん。「今、ウニが旬なのでマグロとウニの二色丼がお勧めで、一番人気ですよ」と言われるままに二色丼を注文した。
マグロは肉厚で、中トロはまさにとろけんばかりに脂がのっていた。赤身も中トロかと思うほど柔らかく、自然に顔がにやけてきた。絶品は旬のウニ。一口含むと優しい甘みがクリームのように広がった。

 海の幸の二重奏に大満足し、旅の疲れも吹き飛んだ。その勢いで、バスに乗り込み大間崎から十数キロ南下し同県佐井村の佐井港へ。そこから仏ケ浦を巡る高速観光船に乗り込んだ。仏ケ浦は長い年月にわたって波風に浸食された巨岩が、海に面して約2キロにわたって連なる下北半島を代表する景勝地。岩は大小形が異なり五百羅漢、如来の首など仏にちなんだ名が付いている。自然が生み出した造形美に畏敬の念を覚えた。

 観光船はいったん浜に停泊し、乗船客は海岸に下りて30分ほどかけて巨岩を巡ることができる。神奈川県横須賀市から来た70代の夫婦は「船から見た風景も素晴らしかったが、間近で見る岩々には圧倒されます」と感激の様子だった。
 日を改めて、下北半島の持つ神秘性のシンボルともいえる青森県むつ市の恐山を訪れた。高野山、比叡山と並ぶ日本三大霊場の1つで、宇曽利(うそり)山湖と周りを囲む8つの峰の一帯を指す。862(貞観4)年に天台宗の慈覚大師が開山した。

 市街地から車で約30分、うっそうとした山道を上った先に宇曽利山湖が現れる。湖畔にかかる朱塗りの太鼓橋の下を流れるのは霊界と俗界を分けるという「三途(さんず)の川」。罪人が渡ると針の山に変わるという橋を、心を落ち着けて渡り、恐山菩提(ぼだい)寺の山門まで進んだ。

 境内の大部分が荒々しい岩場で、硫黄臭が漂う。岩の合間から蒸気が噴き出し、所々ぐつぐつ温泉が湧く様子は地獄のようだった。一方、エメラルド色の湖面がまぶしい宇曽利山湖はまさに極楽の象徴だ。

 恐山は死者が集まる場所とされる信仰の山。境内を巡りながら昨夏亡くなった身内のことが頭に浮かんだ。「もう1年か。月日のたつのは何と早いことか」。故人の思い出に浸りつつ、地獄と極楽をこの世で疑似体験している気分で歩き続けた。
威哥王:http://feelkanpo.com/view/848.html
威哥王(最新包装):http://feelkanpo.com/view/848.html
MaxMan-MMCII代-ペニス増大:http://feelkanpo.com/view/706.html
VVK-Wenickman-ペニス増大カプセル:http://feelkanpo.com/view/459.html
VigRX 増大丸 (ペニス増大):http://feelkanpo.com/view/830.html

19歳のぬめり

yuerteibn | 2017/3/2 10:36
花と花のあいだを飛び回るミツバチのような女の子だったなって思う。
そのころ僕は車の免許取りたての19歳で、
ミツバチの女の子と、ナスビみたいに顔のひょろ長い男の子と僕の、3人、
飽きもせず毎晩ドライブに出かけてた。
みんな同い年。小学校時代の同級生。
おカネはないけど時間だけは腐るほどあるお年頃。
分別なんてないけど大人の切符を半分だけ持ってるお年頃。

車の吸引力って花の香りみたいにすごくって、
僕ら3人は毎晩のように集まってあてもなく車を走らせてた。
ノリノリの曲ガンガンかけて窓から顔出してわあわあ叫んで。
真っ暗な車内にカーステの光だけがピカピカしててさ。
僕らの軽自動車を追い抜いてゆくヤン車の後ろ姿にびくびくしながら、
でも負けへんぞとか息まいててさ。
ナスビも僕も、ミツバチの女の子のことが好きだったりとかしてさ。
ミツバチの女の子は、自分を巡って僕とナスビが競い合ってることを勿論知ってたりしててさ。
みんなが互いのドキドキで遊んでたりしててさ。


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


35歳、俺。
分別ぐらいは身に着けたのかな。
どんだけ飲んでも翌朝ちゃんと起きるし。
食う分ぐらいは稼いでるし。
深夜に車をぶっとばしたりしないし。


思い出っていいもんだなって思う。

あの頃の思い出が排水溝のぬめりみたいに俺の頭にまとわりついている。

あれから間もなくミツバチから女王蜂へと変貌をとげた女の子は、
ナスビを恋愛の地獄に突き落とした。
なんかあるとき突然変わっちゃったんだよ、その女の子。
化粧が明らかに濃くなって、仕草や体つきがくねくねしだした。
女になったとでも言うべきかな。19歳ってそういうお年頃?

で、ナスビは俺に助けを求めてきた。
マジで惚れちゃったもんで告白したところ、思わせぶりな態度で保留されていると。
でも相変わらず毎晩毎晩平気な顔で車に乗り込んできやがると。
でも俺にはどうすることもできなかった。
だって俺もほとんど同時に地獄に突き落とされていたのだから、女王蜂に。
ナスビも俺も互いに黙ってんだよな、そのこと。
なんか言いづらくって。

気が付くと、3人で集まることはなくなってた。
誰かがもうやめようって言ったわけでもない。
自然な流れ。
消滅。

変わっちまったのは女の子のほうだけではなく、
それを見る俺たち男のほうもそうだったのかもしれないな。


15年も前の宇多田ヒカルのアルバムを聴きながら、
今宵は酒が美味いです。
思い出だな。
相変わらずぬめってやがる。
負け惜しみ。

威哥王:http://www.kanpoudonya.com/Product/5...
巨人倍増:http://xn--gmq15an1qquf.kanpoudonya....
RU486:http://ru486.kanpoudonya.com/

圧力鍋

scdvdsvkm@yahoo.co.jp | 2017/2/25 15:43
私は独身者なので、「料理が出来る!!!」(食えない物を作らない程度の。あくまでも「ひととおり」です。)続読者には周知の事ですが、我が家の週4回の夕食は私が作っている。

標題の圧力鍋だが、昔は良い物を持っていました。が、家がオール電化に移行した時に、電磁調理器未対応の一物は使えなくなってしまった。転職した今では、時間に拘束されなくなったので、買い換える事も無かったのだが、何を思ったのか? 最近になって新しい物を購入した。特に理由は無い。
鍋だけでは使えないので、本屋でレシピ本を購入したのだが、それを読んでいて思う事があった。

『この料理は、圧力鍋で無くてもいいのでは?』と思うレシピが多い。肉じゃがや普通の煮魚やミートソース類まで掲載されている。
私は「自分は気が短い」と自信を持っている。その私でさえ、夕食の調理時間には、1時間程度は我慢できるのだが、現代人は私より短気なのだろうか?
レシピ本に“加圧5分”と記述があるが、はっきり言って30分位の加熱時間(圧力鍋での時間。通常鍋だと時間以上かな?)が無いと調理意欲が湧かない。

「良い物は、ある程度時間を必要とする」と思っているからだ。調理をせずに『待つだけ』の立場でも、匂いや音でワクワクする(高揚韓と期待感)のが、いいのだ。それが“加圧5分”では、楽しめない。

勝手な言い分かも知れないが、『食事は楽しく』が持論。だから、会話しながら飯を食う事は大好きだ。(マナーには反するかも。)『バランスの良いカロリー補給』だけなら、個々にカロリーメイトを食べるだけで良いのだが、それでは情緒が無い。

購入したレシピ本の半数が“加圧8分”以下の加熱で出来る料理ばかりという事は
現代人は私より気が短いのだろうか?もしそうだったら、プロフィールを書き直す必要がありそうだ。
威哥王:http://www.chinakanpo.com/product/we...
巨人倍増:http://www.chinakanpo.com/product/jr...
藏鞭王:http://www.chinakanpo.com/product/za...

両極性

ru486 | 2017/2/21 14:46
私は極めてちっぽけな存在である。

しかし、持ち得た感性と専門性で救えた人も居る。
狼一号:http://www.allkanpou.com/product/%E7...

「人の価値観を変える事」は極めて難しいことだ。

長年かけて形成してきた人格、価値観を覆すのだから当然だ。


相手によっては「不可能」な場合も然り。


相手が私を信頼し、寄り添おうとしてくれるならば

睡眠時間を削ってでも尽力する所存だ。


それが、私の「性分」だから。


しかし、全ての人の価値観を変えられると思い上がるほど愚かではない。

私に救える人など、ほんの一握りなのだ。


ある方が涙を流しながら、私にこう言った。

「あなたは仏様のような方です。」


何とも恐れ多い言葉だ。


私は「きっかけ」と「道筋」を示しただけなのだ。

それを受け止め、変わろうと努力したのは当事者だ。


決して、私の力ではない。

威哥王:http://www.allkanpou.com/product/%E5...

一方で、私は「鬼の心」も持っている。


相手を想って厳しく突き放し、その後フォローを入れることもする。


しかし、そういう本来の意味での「鬼の心」だけではない。


・道徳に反する人間

・人の心に寄り添えない人間

・変化を恐れ、忠告を受け入れない人間


上記の人間に対して、私は極めて「非情」である。


「愛情」と「無関心」

私は両極端だ。



「支え合い」には必要不可欠な「信頼関係」


心を開いてもらうために、私は先ず自分の経験を語る。

それから相手の反応を見て、判断する。


「試す」ことは、するのもされるのも好きではない。

故に、私はこれを「見極め」だと捉えている。


自分の手が届く範囲でいい。

「守りたいと想える人たち」を守れる自分で在りたい。

その為に私は

「寄り添い、諭す力」を磨き続ける。
巨根カブセル:http://www.allkanpou.com/product/%E5...
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 35 |