ブログ

合計: 115
タグ: 花痴 を抽出中。 (解除)

優しい人

南内田 | 2017/2/21 14:40
「優しい人」ってどんな人だろう。

巨人倍増:http://www.allkanpou.com/product/%E5...
贈り物をくれる人

自分の欲しい言葉をくれる人

説教をしない人


だとしたら、私は「優しい人」ではないだろう。


「相手の欲しい言葉」なら、幾らでも考えが浮かぶ。

相手に寄り添う特性を持つのが、私だから


「関わる相手の良き未来に繋がるのかどうか」

第一に、このことを考える。


相手の本質に向き合い、「生き方」の軌道修正をかける場合

どうしても、厳しいことを伝えなければならない。

相手の「価値観」を崩さなければならないからだ。
花痴:http://www.xn--6qs44kv2wxulv8l.com/

それでも、言葉を受け止め、自分を変えたいと願うならば

いくらでも力になる所存だ。


少しでもいい、過去よりも現在が生き易くなったなら

「今の自分」が好きになってくれたなら

そこに私の存在意義の一片が見出せる。


「優しさ」をどう捉えるか。


パートナーをお探しの方は、一度じっくりと考えてみては如何だろうか。


その人は、あなたにとって、「優しい人」だろうか。


そもそも、あなたの求める「優しさ」とは何だろうか。


あなたの求める「優しさ」を認識し、自覚する事で


「出逢い」は訪れるのかもしれない。
威哥王:http://www.allkanpou.com/product/%E5...

首相が地元山口の物産売り込み

rgtrhrtr@yahoo.co.jp | 2017/2/16 17:33
安倍晋三首相は16日、自民党本部で開かれた地元・山口県の物産展であいさつし「今日は県の最もおいしい、優れた名産が集まっている。大事なのは買っていただくことだ」と地元産の農産物などをトップセールスした。会場には多くの国会議員が集まり「安倍1強」を印象付けた。

 あいさつで二階俊博幹事長は「今のところ、日本は山口を中心に回っている」と持ち上げ、高村正彦副総裁は山口県出身の首相が多いことを踏まえ「山口県でとれるものは何だ。一番は首相だ」と語った。

 安倍首相は地元のミカンやイチゴ、ふぐ鍋などを次々と試食。鯨のソーセージやフグの加工品などを買い求めた。黒倍王:http://www.allkanpou.com/product/%E9...
花痴:http://www.xn--6qs44kv2wxulv8l.com/
威哥王:http://www.allkanpou.com/product/%E5...

稲田氏への報告は1カ月後

dgthghy@yahoo.co.jp | 2017/2/10 15:10
稲田朋美防衛相は9日の衆院予算委員会で、防衛省が廃棄したとしていた南スーダン国連平和維持活動(PKO)派遣部隊の日報の存在を昨年12月26日に把握しながら、自身への報告が1カ月後の1月27日だったと明らかにした。菅義偉官房長官は記者会見で、防衛省の対応について「あまりにも怠慢だ」と批判。民進党の蓮舫代表は「稲田氏の資質に問題がある」として追及を続けた。

 稲田氏は「速やかに報告を上げるべきだという指摘はその通りだ。その点は関係部署に指導した」と強調した。菅氏は「まず防衛相に報告すべきで、厳重注意に値する」と述べた。
黒倍王:http://www.allkanpou.com/product/%E9...
花痴:http://www.xn--6qs44kv2wxulv8l.com/

ウィッツに7億円賠償請求

彩云 | 2017/2/9 12:08
東京地検特捜部が捜査したウィッツ青山学園高(三重県伊賀市)の就学支援金不正受給事件に絡んで営業損失が出たとして、関連の学習支援施設を経営していた6法人と5人が8日までに、運営会社「ウィッツ」(同市)と元監査役=詐欺罪で公判中、親会社「東理ホールディングス」(東京)などに計約7億6700万円の損害賠償を求めて大阪地裁に提訴した。

 8日に第1回口頭弁論が同地裁(北川清裁判長)で開かれ、ウィッツ側は棄却を求めた。

 原告らの学習支援施設は関東から九州にかけての9府県に所在。
花痴:http://www.花痴販売店.com/
媚薬カプセル:http://www.allkanpou.com/biyaku/媚薬催淫...
蟻力神:http://www.allkanpou.com/product/%E8...

ムギとカタクリ

夜魅 | 2017/1/22 16:26
『万物は原子で出来ているらしいよ』

ムギはスプーンをスリスリしている。どうやら曲げる気らしい。

「そうらしいね」

カタクリは溜まっていた洗い物をようやく終え、湯を沸かしていた。

今日は珍しく雪が降っている。洗濯物が乾かなくて困るけれど、キラキラした雪が降っているのはそう気分の悪いものでもない。

僕らが生きる世界は誰かの想いでごった返していて、たびたび星一徹みたいにひっくり返したくなる。

そんな人間の声などお構いなしに、山から降りてきた北風は、街灯から街灯へと吹き抜けていく。

空がどうして青いかなんて知らないけれど、見上げた空が青いという理由だけで、そこを駆け抜けたくなるんだろう。

日々を苦しみ生きる僕にとって、ムギはもはやなくてはならない存在になっている。テレビでみかけたスプーン曲げを、すぐにやろうとしてしまう彼女に僕は安堵する。

背負っている罪と罰からは、決して逃げる事など出来ない。ずっと傍らに在るべきものだ。それでも僕は彼女を抱くし、瞬く星達に想いを馳せる。やっと届いたその光が、ここに来るまでにどれだけの時間を費やしたのか、想わずにはいられない。

『ボールみたいなのが繋がっているだけのスプーンを、曲げられないのは何でなのよ』

諦めてバニラアイスを食べ始めたムギは、カタクリの膝にちょこんと座った。

「きっと今日の雪のせいだよ」

僕は彼女に安堵する。
花痴:http://www.花痴販売店.com/
媚薬カプセル:http://www.allkanpou.com/biyaku/媚薬催淫...
蟻力神:http://www.allkanpou.com/product/%E8...
前 | 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | ..... | 23 |