タグ » 紅蜘蛛口服液

合計: 2

大切な人とわかり合う会話のコツ!恋をスムーズにする心理学的ポイント【恋占ニュース】

好きな人とわかり合いたいと思っていても、うまくいかないと感じることってありませんか?

望んでいないのに、なぜかケンカばかり…。

それは、「自己表現(アサーション)」ができていないせいかもしれません。
女性用媚薬:http://www.kanpocom.com/meiyao/

今回は「自己表現(アサーション)」とは何かや、うまくいかない原因などを心理学的に解説していきます。

ぜひ、実生活に役立ててくださいね。

「アサーション」と3つのポイント

大きな話題を呼んだドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』では、主演の中谷美紀さんが「恋愛弱者」と呼ばれる“結婚できない女性”の役を演じていました。
催淫薬:http://www.kanpocom.com/meiyao/cuiyi...

マニュアルばかりで、心からの言葉で相手と向き合うことができていない。

これでは、恋愛どころかどんな人間関係も上手くいきません。

「アサーション」は、自分と相手との間で展開されるコミュニケーション。

ポイントは次の3つです。
催情薬:http://www.kanpocom.com/pro/Footsie....

・自分だけでなく、相手が傷つくような言動にならないようにする

・相手とわかり合うことを前提とした言動をする

・恐れず自分に正直になる

例えば、怒鳴ったりヒステリックになったりすると、相手も自分も傷つけ疲れさせてしまいます。
媚薬 カプセル:http://www.kanpocom.com/pro/fuyuan-c...

また、日本語がわからない外国人に日本語で話しかけても理解してもらえないように、自分しかわからないような言い方では相手に伝わらないのです。

そして勇気を出して自分から伝えていかないと、相手はあなたを知ることができません。

3つのポイントを意識してコミュニケーションをとることで、わかり合うための会話が成立するのです。

「アサーション」を阻む3つの落とし穴
紅蜘蛛(液体)+壮陽丹:http://www.kanpocom.com/pro/hong-zhi...

このような「自己表現(アサーション)」がうまくできない人にありがちな、3つの落とし穴があります。

【1】情にとらわれ過ぎる

自分への同情を求めて気を惹くことばかり考えてしまう、あるいは相手の事情をかわいそうがるばかりでその奥にある相手の人間性を見ようとしない。

→これらは、いずれも相手と向き合っているとはいえません。

表面的なできごとばかりに目を奪われるのではなく、その事柄に垣間見える人となりを見るようにしましょう。

【2】結果や周りの目を気にしすぎる

自分の発言に対して、周囲がどう反応するかが気になって自分を抑え込んでしまう。

→他人の目を意識しすぎるのは、よく思われたいという気持ちの表れ。

つまり、見栄です。肩の力を抜いて、ありのままの自分でいいのだと腹をくくりましょう。
紅蜘蛛:http://www.kanpocom.com/pro/hong-zhi...

【3】思い込みにとらわれ過ぎる

女性ならばこうあるべき、男性ならばこうあるべき、という思い込みで頭がかたくなってしまっている。

→これは他の意見を無視して視野を狭め、結果的に相手を拒絶することにつながってしまうのです。

思い込みと願望は違いますから、ここはきちんと切り分けましょう。
紅蜘蛛(催情粉):http://www.kanpocom.com/pro/hzhizhu-...

まとめ

「自己表現(アサーション)」の大切さ、ご理解いただけましたでしょうか。

相手が自分の思う通りの行動をしないことにイラ立ち、わざと相手を怒らせるようなことを言って、相手が癇に障る言い方で応戦し、ケンカへと発展してしまう。

向こうは大人げない態度なのに、こちらだけが寛容になるなんて納得いかない、と思うことも。

しかし、そもそも相手と自分は違う人間なので、思い通りに動いてくれないのが当たり前。

紅蜘蛛口服液:http://www.kanpocom.com/pro/hongzhiz...
何が嫌でどうしてほしいのか、自分はどのように感じているのか、伝えなければ相手は何もわかりません。

傷つけないような言葉をチョイスしつつ、自分の気持ちを穏やかに伝えていくことで、相手もちゃんと受け留めるようになるでしょう。

話し合いを通して理解が深まれば相手への思いやりが生まれ、不快になる行動を避け合えるので衝突が減っていくのです。

良質なコミュニケーションは、長期的で円満な人間関係を生みます。

D10媚薬催情剤:http://www.kanpocom.com/pro/D10.html
大好きな人といつまでも一緒にいたいと思うのであれば、「自己表現(アサーション)」を心がけてみてくださいね。

ライタープロフィール

黒木蜜

一般企業に勤めながら執筆した作品が日本文学館のオムニバス本に掲載され作家デビュー。古事記への造詣が深く、全国300ヶ所以上の神社紹介記事を執筆。現在、古事記の観点から紹介する神社コラム/恋愛コラムなども手がけている。

「広島の恥」ネットでは非難が殺到

『加藤紗里がカープ女子でいる限り、カープ女子の品位は上がらないように思いますね』
紅蜘蛛:http://www.kanpocom.com/pro/hong-zhi...

『広島の恥! カープを汚さないでほしい。同じ出身ってことを隠したい芸能人』

『まだ炎上商法狙ってるのか?ってかまだいたのか?』

『菊ちゃんにも選ぶ権利がある! はやく逃げて!!』

『野球わかんないのに便乗するな! 本当の野球ファンに謝れ!』

紅蜘蛛(催情粉):http://www.kanpocom.com/pro/hzhizhu-...
『いるよね、自称女子。加藤紗里も話題にしてほしいだけでしょ』

『メンタル強すぎ。芸能界で生き残るには、これくらい精神強くないとやってけないのかもね、炎上商法の極みだ!』

『ここまで空気が読めない人も珍しいね、需要がどこにあるのか全くわからないけど』

『あれ? 顔またちょっと変わった気がする。鼻になにか詰めた?』

『この人は一体何を目指しているのか……』

紅蜘蛛(液体):http://www.kanpocom.com/pro/hong-zhi...
ネットでは、彼女を批判する声が多くあがっています。

『炎上目的では?』との指摘もあり、カープ女子発言を単なる話題作りだと捉えているようです。

また、カープ女子や菊池選手を擁護する声も見られ、彼女の空気を読まない発言にイラついている模様。

一方、強気な発言を繰り返す、鋼のメンタル に感服する声も。

芸能界で生き残るには、このくらいタフな精神が必要なのかもしれません。

紅蜘蛛口服液:http://www.kanpocom.com/pro/hongzhiz...
----------

売名行為ではないと否定する加藤さん。

真意は定かではありませんが、売名タレントのイメージが定着しているのは事実です。

次はどんなコメントで世間を賑わしてくれるのか、気になるところですね。

紅蜘蛛(液体)+壮陽丹:http://www.kanpocom.com/pro/hong-zhi...
前 | 1 | 次