熊本地震で被災されました方々へ、お見舞い申し上げます....

なんちゃって隊 | 2016/4/19 07:50
4月14日21時26分以降、熊本県を中心とする九州中央部で甚大な被害を発生させた地震ですが、今もなお余震が続いており、現地の方々は不安な日々をお過ごしでいらっしゃることと思います。特に当サイトでご活躍されている”幽霊部員”様に於かれましては、震源地に程近い八代市にお住まいとのことで心配しております。また、”871xxxx”様に於かれましても、大分県内を震源とする地震も発生しましたので併せて心配しております。

私が住んでいる鹿児島も震度4程度の揺れはあったものの、人的被害等の報道を聞くことはありません。一方で熊本では、日を重ねる毎に被害が増えており、私も『あの熊本城が...』・『あの阿蘇大橋が...』等々の衝撃を受けております。と同時に「隣県に住んでいる私に出来ることは何か....」と自問自答する日々でもあります。そんな折、昨日は職場で義援金を募っていましたので「出来ることから....」という気持ちで参加させていただきました。

南日本新聞(2016.04.19)に『東日本大震災では、遠い被災地に寄り添う難しさを感したが、近ければ支援が容易というわけでもなさそうだ。隣県としてできることから始めたい』とのコラムがあり、大きく頷いてしまいました。

様々な感情が輻輳し、適切な言葉が出てきませんが、今は被災地にお住まいの方々のご健康を祈るばかりです。
tag
 

コメント (4)

yuureibuin
横江大橋20160420-1横江大橋20160420-2
幽霊部員です。
ご心配をおかけして申し訳ありません。私は何とか無事に過ごしております。
八代市も地震の被害を受けています。市役所や、一部の家、道路などが損壊しています。が、今のところ、電気・水道・ガスなどのライフラインは、ほとんど被害を受けていません(今後どうなるかはわかりませんが)。
ただ、このような種類の地震、私は初めてです。
1.複数の断層が同時多発的に地震を発生させているので、今後、それにつられて、また別の断層が地震を発生させるかもしれません。
2.本震の後にそれを超えない規模の余震が起きるのではなく、前震の後にそれより大規模な本震が起きるそうなので、実は今までが前震で、今後本当の本震が起きるかもしれません。
3.たとえ1.2.のような事態にならなくても、現に余震が桁外れに多く(すでに気象庁も多くの余震を地震速報に載せることをやめています)、そんな余震が少しずつ家の強度を弱らせ、ある瞬間に突然家が倒壊するかもしれません。
以上3つの理由から、八代市では、別に家やライフラインが壊れたわけでもないのに、避難所や車中で泊まる方もおられます。私はそうしていませんが、この3つの要因は、少なからず私の心を蝕んでいます。でも、ここで負けるわけにはいきません。この3つの心配事が解消されるまで、なんとか踏ん張っていきたいと思います。
写真は熊本県道338号(農免道路)の横江大橋です。地震で橋げたが落ちています。ちなみに近くのガソリンスタンドは普通に営業していますが、車の通行量が激減しお客さんが非常に少ないです。
長文失礼致しました。
871xxxx
871xxxxです。ご心配をおかけしております。
大分県は由布市・別府市を中心に被害が出ておりますが、私の住む中津市は震源から離れているため、ほぼ平常通りの生活をしております。
とはいえ、余震はたびたび感じており、その度に身構えてしまいます。(住んでいるアパートが古いので、震度1ぎりぎりでもしっかり揺れてすぐわかります)

幽霊部員さんがとりあえず無事でホッとしました。
まだこれから、いろいろな心配・不便があると思いますが、共に頑張りましょう。

…最近個人的にちょっとポストマップの活動が滞り気味ですが、これは特に地震とは関係なく、仕事の影響です。
今月の異動で6年ぶりに古巣に戻ったのですが、かなりの困難区の担当になってしまいまして。
6年の間に一気に家が増え、以前より配達にかかる時間が1時間以上延びて、後半の出発が16時過ぎで残り3時間分とか…(無理!)
そういうわけで、体が慣れるまでこっちの活動をセーブしないと厳しい感じです。休日は休養優先ということになると思います。
なお照合作業など、外出を伴わないものについてはぼちぼち進めていきますので、リクエストは随時受け付けます。

で、私が休養している間、皆さんどうぞ別府・湯布院にお越しください。道路等の復旧は日に日に進んでいます。温泉もほぼ無事です。
観光が主要産業ですから、お越しいただかないと経済が回りません。
被害がなく営業している宿泊施設も大量のキャンセルが発生しています。
なので逆に今からでも大型連休中の宿泊予約が余裕で可能です。この機会にぜひどうぞ。ついでにポスト調査も(笑)
なんちゃって隊
>幽霊部員様

被災を受け心中穏やかではない中にも関わらず、コメントをいただき誠に恐縮です。
幽霊部員様がとりあえず無事であることが分かり、一安心しました。

布田川断層帯と日奈久断層帯の周辺では今もなお連鎖的に地震が続いていることで、不安な日々を過ごされていることと思いますが、報道で「支援物資が避難所に届かない現状」を知り、過去の震災で培ったはずの知恵や知識が生かされていないことに歯痒い思いをしております。震災対応に追われている自治体職員の御苦労には敬服いたしますが、大量の支援物資が集約されているにも関わらず分配ができない理由が『熊本県庁の混乱』及び『人手不足』と聞き驚いてしまいました。

また、私の住んでいる地域の指定避難所は小学校なのですが、運動会で昼食を摂るだけでも体育館に全てを収容できていない状況です。もしも災害で避難指示が出たとしても地域住民全てが収容できるとは思えません。今回の震災で「車中避難者の健康被害が起きている状況」も知り、指定避難所に避難できない場合の避難先も考えておかなければと痛感しました。(それでも避難所が無かったら、やはり「車中避難」なのかなぁ....)

最後になりますが、家屋の倒壊を危惧し避難されている方々が多くいらっしゃるとのことですが、「よし、家に帰ろう!」と決心するには第三者による住宅診断を受けてからになるのでしょうか?何れにしましても、数々の心配事が解消されるには時間がかかりそうですね。幽霊部員様に於かれましても、どうかご無理をなさらぬよう、健康だけにはご注意してお過ごし下さいませ。
なんちゃって隊
>871xxxx様

被災の程度が少ないことが分かり、一安心しました。
但し、お仕事で御苦労されているようですので、どうかご無理をなさらぬようお過ごしくださいませ。

大分へは常より「いつか行かんといかん!」と思っているのですが、機会に恵まれずお邪魔出来ずにおります。
特に湯布院・九重は興味のある地域ですので、いつの日が訪れるつもりです。(勿論、からあげの聖地へも!)
その際には、ポストの新規発見を期待せず、”取集時刻確認”及び”更改確認”でも出来ればと思っています。